新進気鋭のバイクメーカー”MUTT MOTORCYCLES”とは?

この記事は約7分で読めます。

MUTT MOTORCYCLES(マットモーターサイクルズ)というバイクメーカーを知ってますか?

イギリスのストリートカスタムを手がけていたビルダーが起こしたバイクメーカーで、レトロなスクランブラースタイルが今話題を集めており、2019年4月から日本でも発売開始になりました。

MUTT MOTORCYCLESとは

イギリスでハイエンドなビンテージカスタムバイクの製作を生業としてきたビルダーが、もっと手軽にカスタムバイクを楽しんで欲しいというコンセプトで立ち上げた、新進気鋭のバイクメーカーです。

このメーカー、何が凄いってメーカー出荷段階のスタイルがすでにカスタム感満載なんですよ。

SRや250TR、エストレヤなどでスクランブラーカスタムを施した車両は見かけますが、MUTTのバイクは製品出荷段階でこのスタイルなんです。

つまりカスタムショップでがっつり改造したような車両が新車で手に入るのです。

ヘッドライトのメッシュガードなんかたまらないですね。

作っている人達はこんな人達

作っている人達はこんな人達です。

普通のTシャツとジーンズなんだけど妙に雰囲気があります。やっぱりTシャツはオーバーサイズなんかよりもジャストフィットのほうがカッコイイ。

下手すると田舎臭いトラッカーキャップも、黒のTシャツと濃いめのジーンズに合わせるといいですね。(でも痩せてないと!)

ジーンズのロールアップとブーツのバランスが説妙。

バイク界の光岡自動車?

マットモーターサイクルズはバイクメーカーではあるものの、車両開発自体は行っていません。

どういうことかというと、125ccモデルはスズキGN125を、250ccモデルは同じくスズキST250をベース車両にして、MUTTオリジナルのカスタム車に仕上げています。

この手法はトヨタやホンダの市販車をベースに、独自のボディ・インテリアを施してメーカー色を出していく光岡自動車と同じですね。

スクランブラーはこういった未整地やサンドデューンが似合います。

黒のスキニーにダブルのライダースというシンプルスタイルがクール。

やっぱダートが似合いますね。

ラインナップ

MUTT MOTORCYCLESのラインナップは125ccと250ccの2種類ありますが、今回は250ccラインのほうを紹介します。

MONGREL 250


MONGREL 250 標準価格:588,600円(8%税込)

“MONGREL”というのは「寄せ集め」「雑種犬」を意味し、いろんなパーツを寄せ集めて作ったことから命名されました。

ブラウンのタックロールシートと艶消しタンクとのコントラストが無骨な感じでカッコイイ。

フューエルインジェクションの単気筒車なので、始動性は抜群です。

SABBATH 250


SABBATH 250 標準価格:642,600円(8%税込)

SABBATHはハイトのあるブロックタイヤを履いてリアフェンダーをショートにしたボバーカスタムです。

このゴツいブロックタイヤもいいですね。

こちらもフューエルインジェクションの単気筒でEURO4に対応しています。

RS-13 250


RS-13 250 標準価格:642,600円(8%税込)

SABBATHと違ってこちらはタンクのシルバー地を出してデザインストライプを活かしたもの。

タンク一つ変えてもずいぶん表情が変わりますね。

HILTS 250


HILTS 250 標準価格:637,200円(8%税込)

この車体と”HILTS”聞いてピンと来た人は映画「大脱走」のファンでしょう。僕もそうです。

映画の中でスティーブ・マックイーンが演じた連合軍兵士”バージル・ヒルツ大尉”が、捕虜収容所から脱走するときに使用したバイクがモチーフになっています。

本来であれば、捕虜のヒルツが使うバイクはドイツ軍から鹵獲(捕獲)したものなのでBMWなのですが、映画ではトライアンフをドイツ軍風にカスタムした車両が使用されています。

映画で使用されているベース車のトライアンフTR6 Trophy(650cc)は、当時は市販車でしたが、いまとなっては約50年前のビンテージバイクで状態のいいモノだと200万以上もします。

そんなビンテージバイクにはなかなか手が出ませんが、この”HILTS 250″であればスタントで使用された軍用車の雰囲気をうまく捉えた、スクランブラー風な車体が60万強で手に入ります。

MUTT MOTORCYCLESのまとめ

スーパースポーツやありきたりなバイクじゃつまらない、他人とかぶらない個性的なバイクが欲しい!という人にはピッタリなバイクではないでしょうか。

特に、SRやW650/800のようなクラシックタイプが好きな人にはオススメだと思います。

ただ、スピードや走りを求めている人にとっては少々物足りないエンジンです。

そりゃそうですよね。ベース車がGN125やST250ですから、元々ハイパフォーマンスではありません。

しかし街乗りやツーリングには十分な性能ですし、250ccのSOHC単気筒は下道をトコトコと流すにはことのほか気持ちのいいバイクです。

どの車種も50~60万程度で入手できますから、ベース車を手に入れてスクランブラーカスタムするよりはかなりリーズナブルに買うことができます。(しかも新車で)

最近は全国に販売網を広げているので、地方でも手に入れやすくなりました。

スティーブ・マックイーンのようにA-2ジャケットにチノパン、ワークブーツで乗ると気分が出そうですね。

バイク単体だけじゃなくて、こういう世界観含めた見せ方が上手いですよね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました