真夏にTシャツ(半袖)でバイクに乗ってはいけない理由とは

僕は、単なる移動や長距離のクルージングであれば割と軽装でバイクに乗ることもあります。

安全性を考えるとどうなのよ?という話もありますが、暑かったらいつでもTシャツで乗るという訳ではなく、そこはリスクと快適性のバランスで判断するようにしています。

ただ、高速道路でTシャツで腕を出したまま乗ってる人や、中にはタンクトップで乗っている人もたまにみかけます。

真夏に肌を露出してバイクに乗ると危ないのは「転倒したとき体を保護できない」という以外にも理由があります。

肌を露出していると日焼けする→疲労が溜まる

肌を露出していると日焼けするのは当たり前のなんですが、太陽を浴びて肌が焼けるとそれに伴って体温が上昇してきます。

人間の体は恒常性を維持するため、暑かったら発汗して体温を下げ、寒かったら筋肉を震わせて体温を上げるよう自律神経が作用します。

つまり体温を一定にするためにエネルギーを使うため、その反動で疲労するわけです。

また、紫外線によるストレスもじわじわと体力を奪っていきます

夏に浜辺で寝そべって体を焼くだけで疲れませんか?ただ寝てるだけなのに。

これも同じ理由なんです。

特に高速道路上は日陰がありませんので、バイクだと目的地までひたすら太陽を浴びています。

それでもツーリングの往路は気分が高ぶっているので、肌を太陽に焦がしながら走るのは気分がいいのですが、ツーリングの後半になると運転の疲労に加えて日焼けによる疲労も上乗せされて、普段だったら何でもないようなことでも事故を誘発しかねません。

目の日焼けも疲労蓄積に繋がる

実は目も日焼けするんです。知ってました?

ドライブの必需品!車に常備しておきたいおすすめサングラス
ドライブの必需品!車に常備しておきたいおすすめサングラス
先日車を運転しながらふと思ったんですが、意外とサングラスかけてる人って多くないんだなと。 個人的な感覚ですけど、真夏の晴天下で...

この目から入る紫外線も無視できないのです。

炎天下の高速道路をバイクで走ると、地面からの照り返しによって紫外線がかなり目に飛び込んできます

それによって目も日焼けして雲天時よりも疲労が蓄積しやすくなります。

夏のツーリングにはUVカット対応のシールドやサングラスで目のダメージを極力抑えることで疲労を軽減することができます。

バイクで使うサングラスは、ツルの部分がストレートな”ストレートテンプル”タイプだとヘルメットを被ったままでも着脱できるのでオススメです。

炎天下では実は長袖のほうが涼しい

実は炎天下に長時間晒されるときは、肌を露出するよりも極力肌を晒さないほうが涼しく過ごせます

中東の人達が肌を露出した服を着ないのは宗教的な理由だけではありません。

太陽に極力肌を晒さずに通気性の良いだぼっとした服を着ることで、熱い砂漠でも快適に過ごせるからなんです。

日本でも野外で農作業する人や、建築現場で働く人達は真夏でも長袖シャツを着用していますよね。彼らは決して肌を露出して真夏の現場に出たりしません。

それは日焼けすると余計に疲労することを経験的に知っているからです。

まとめ

特に夏の高速道路ではバイクは太陽から逃げられないので、いかに体温を上げずに移動するかがポイントになります。

そのためには、とにかく肌を露出しないことです。

肌を露出しなければ日焼けによる体温上昇を防げますし、紫外線による影響も最小限に抑えられますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク