SR400は本当にダメなバイクなのか?

この記事は約4分で読めます。

先日、別記事のコメントで「興味本位で」「SRを購入」「はっきり言ってクソ」「貧乏人が妥協して乗るバイク」と、なかなか辛辣な意見をいただきました。

ノーマルのSR400のいいところとダメなところを出来るだけ客観的にレビューしてみた
2017年9月にSR400が惜しまれつつ生産終了したのは記憶に新しいところ。(※2018/11月に新環境基準に適合した新型SR400がリリースされました) 40年の長きに渡って1度もモデルチェンジせずに販売され...

よほどSRが合わなかったんでしょうね。

せめて試乗していればそこまでディスるほどのミスマッチは起きなかったと思いますが、とにかくご本人にとってはSR400はダメなバイクだったようです。

で、ここまで言われてしまうと「SR400は本当にダメなバイクなのだろうか?」と思ってしまいましたが、そんなにダメなバイクだったらここまで売れるわけも無く、支持される確たる理由があるはずです。

そんなにダメなバイクだったら40年も売れ続けない

ご存知の方も多いかと思いますが、SR400は1978年の発売以来、発売当初と同じスタイルの車両が40年以上も販売され続けています。

単一車種の販売では世界一で、ギネスブックにも登録されたほど。

こんなに長い間支持されるということは、世界中にファンがいる証左でもあります。

SR400よりも高性能なバイクはたくさんありますが、多くはフルモデルチェンジをするか、人気の陰りでカタログ落ちするのが常です。しかしSR400は何度も廃番の危機を乗り越えて現在も生産が続いています。

本当にSRがクソな車種だったら、こんなにも長い間売れ続けるでしょうか?

「SRは車で言うところのカローラみたいなもの」という意見もありますが、カローラは車にこだわるユーザというより、「普段使いとして車は必要だが、それほどこだわりはない。価格に見合った性能があれば」という層がメインターゲットでしょう。

逆に言えば「どうしてもカローラじゃないとダメだ!」というコアなユーザは少ないと思います。

一方、SR400は排気量の割に車重が軽いので、免許取り立てのエントリー層もさることながら、クラシックな外観に惹かれて購入する人が多いのが特徴です。

つまりSRを購入する層はそれなりに拘りがあるユーザではないでしょうか。

そんなにダメなバイクだったら多頭飼いするオーナーなんていない

SR乗りの中には、一人でSR400を2台以上所有する人(=多頭飼い)も少なくありません。

・SR400の他にSR500を所有する人
・1台はノーマル、1台はカフェレーサーカスタムで楽しむ人
・1型から4型までコンプリートする人
・FI車は普段使い・キャブ車はカスタム用とする人

等など、楽しみ方のバリエーションはたくさんあります。

僕の田舎の友人も、農機具の納屋にSR400(’14 FI)とSR500を飼っています。

SR400は車両価格が比較的安いので、こういった多頭飼いのハードルはそれほど大きくありません。

そもそも、同一車種を2台以上持つなんて相当SR好きじゃないとありえませんよね?

それほどまでに魅了するSRがダメなはずがありません。

そんなにダメなバイクだったらミーティングに1,000台も集まらない

これもSRの特徴の一つですが、単一車種のミーティングに1,000台も自走で集まるのはSRだけではないでしょうか?

もちろん発売年数が長いこともその要因の一つだと思います。しかしそれ以上にSRのデザインや乗り味に魅了された人が多いからというのもあるでしょう。

ミーティングと言えば、独自のカスタムを披露する場でもありますが、最近ではノーマルのまま楽しむ人も増えてきています。

FI化されてからカスタムしづらくなってきたことも背景にありますが、一方でSRは長年の蓄積でどこもカスタムしなくても楽しめる、という部分もあるのではないでしょうか。(僕はそのタイプです)

人にはそれぞれ趣向がある

CB400FとSR400を比べれば、動力性能でSRが劣るのは当然です。

並列4気筒に対してSRは単気筒なのですから、単純に動力性能を比較してダメ出しすることには意味がありません。

そもそもSR400は当時の400ccクラスにハイパワーを売りにして参入した訳ではなく、当時からノスタルジックを感じさせるスタイルを全面に出して参入しています。

人にはそれぞれ趣向があります。

バリバリのスーパースポーツが好きな人、旧車好きの人、オフロードやアドベンチャーが好きな人、クルーザーが好きな人、さらに言えば乗るよりもカスタムするのが好きな人、不動車からレストアするのが好きな人、等など、「オートバイ」というカテゴリの切り口次第ではどんな楽しみ方もできます。

なので自分が好きな領域以外をディスるのは、他人の趣味への理解が薄くて悲しい気持ちになってしまうのです。

…以上、グチでした(笑)
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました