頚椎神経根症でバイクに乗れない(6)

この記事は約3分で読めます。


前回の記事はこちら

頚椎神経根症でバイクに乗れない(5)
前回の記事はこちら トラムセットを1日3回にしてからというもの、概ね痛みは5~6ぐらいで落ち着いていました。 ※記事中で使っている「痛みレベル」は、僕が勝手につけているもので、急性期の激痛を10としたときの主観的なレ...
※記事中で使っている「痛みレベル」は、僕が勝手につけているもので、急性期の激痛を10としたときの主観的なレベルです。

なぜか2泊の出張でヘトヘトになって帰ってきたら、翌日は痛みが激減。痛みレベルが2~3ぐらいに落ち着きました。

その後は調子がいいと1~2ぐらい、PC作業が続くと4~5ぐらいで、痛みレベルは概ね2~3ぐらいです。

健康診断で断薬してみる

痛みレベルが落ち着いて、穏やかな日常生活を送っていたのですが、年に一度の健康診断がやってきました。

半日ドックのため、当日は朝から飲食禁止です。

そのため夕食後に薬を飲んだら翌日は半日ドックが終わるまで薬が飲めません。

翌日の朝はお腹は空いているものの、痛みは1~2ぐらいのレベルなので、肩の痛みはそれほど気になりません。

半日ドックが終わって昼食を取った後、薬を飲むのを忘れてしまい、夕食時に気がつきました。

薬を飲むのを忘れるぐらい痛みを忘れていたので

このまま薬を飲まなかったらどうなるかな?

と悪魔の声がささやきます。(笑)

純粋に痛みがほとんど気にならなかったので薬を止めてもいいかな?というのと、トラムセットやリリカは常習性が噂されていたので、できれば早いところ減薬したいという想いもあります。

夜飲まなければ、ちょうど断薬して24時間。

このまま断薬してみることにしました。

断薬1日目

いつもと変わらない寝覚めでした。

肩の痛みもレベル2~3程度で断薬前とかわりません。

「このまま行けば大丈夫かな」

そう思うほどの回復感です。

断薬2日目

なんか寝起きがだるい。

風邪引いたような、胃の中がムカムカするような感じの寝覚めです。

お腹を強く押すと吐きそうな感じです。

とは言っても食欲はあるので軽く朝ごはんを食べ、朝の散歩に出かけます。

だるさは残るものの、歩いているうちに軽快になってきます。

断薬4日目

寝起きがメチャクチャだる重です。

なんか二日酔いと風邪の前兆が重なったような倦怠感が全身を襲います。

なんか寝ていても股関節がムズムズするというか、まんじりとしない感じです。

なんとか起きて朝食を食べようとしますが、食欲があまり湧いてきません。

その日は何もする気が起きず、幸い休日だったので一日中家でゴロゴロしていました。

倦怠感は断薬の影響か?

その後も朝は倦怠感が大きく、なんとかベッドから這い上がって身支度をして仕事に行くような毎日でしたが、ようやく「断薬の影響か?」と思うようになりました。

試しに断薬6日目の朝にトラムセットとリリカを呑んでみると、3時間後には倦怠感が半分ぐらいになりました。

翌日から朝だけトラムセットとリリカを飲むようにしたところ、倦怠感が無くなりました。

やっぱりトラムセットとリリカには依存があるんですね。こわっ。

断薬は自己判断でやらずに医師と相談を

ということで自己診断で投薬を中止するのはやはり危険です。

減薬は医師と相談してすすめることにします。

とりあえず朝だけ飲むと調子がいいので、この状態で次週診察を受けようと思います。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました