もうタイヤはネットで買えばいいんじゃね?と思う理由

この記事は約4分で読めます。

自動車の最重要部品であり、走行性能にもっとも影響をあたえるタイヤですが、みなさんどこで購入していますか?

現在、車のタイヤを購入・交換するには大きく

・タイヤ量販店
・オートバックスやイエローハットなどのカー用品店
・ガソリンスタンド
・ネット通販

という選択肢があるかと思います。

ガソリンスタンドは工賃が高めなのと、タイヤの選択幅がそれほど多く無いので、個人的には第一選択肢にはならないかなと。

タイヤ量販店やカー用品店は、常時在庫も多い上に交換工賃も比較的安いので、タイヤ交換を検討するならまずこういった店舗に行ってみようかな、と考えるかと思います。

しかし、先日ふと

「タイヤって、別に現物を見なくてもいいんじゃね?」

と頭をよぎったのです。

タイヤと洋服の違いって何だろう?

「タイヤ」と「服」の違いとは?

どういうことかと言うと、例えば洋服や靴なら、実際にモノをみたり、着用してフィッティングをみた上で購入を決定しますよね。

最近はネットで洋服を購入するケースもありますが、現物を見ずに購入すると「実際に着てみたらサイズが合わなかった」ということも少なくないので、服や靴に関しては「実物を見る」ということは非常に重要なわけです。

でもタイヤはどうでしょうか?

実際にカー用品で並んでいるタイヤを見て購入するのは安心と言えば安心ですが、タイヤそのものを見るというよりは、実際に見ているのは「サイズ」と「価格」ではないでしょうか?

「タイヤのサイドウォールが気に入らないのこれはやめよう」

とか

「トレッドパターンが好みなのでこれにしよう」

なんて考える人はどれだけいるでしょうか?

スポーツカーやクラシックカーで、タイヤにこだわりがある人であればわかりますが、そうでなければ、わざわざ現物を見なくてもタイヤサイズ/メーカー/価格で決めてしまっても、特に大きな問題はありません。

実際、僕も普段乗りで使っているファミリーカーのタイヤは、メーカーと価格で決めています。

現物を見る必要が無くなると、ネット通販がメチャクチャ便利です。

つまりタイヤはネット販売との親和性が極めて高い商品なわけです。

もうタイヤはネットで買う時代!? 賢く使えばタイヤ交換はもっと安くなる!
タイヤはカー用品やタイヤ専門店で買うのが一般的ですが、最近はネット販売でもかなり安いタイヤを多く見かけるようになりました。 「ネットでタイヤ?売れ残りや海外製品だから安いんじゃないの??」と思うなかれ。今やタイヤはネットで買っ...

今やタイヤはネットで購入が主流

タイヤ通販サイトでタイヤサイズを入力すれば、タイヤ4本のセット価格がズラッと出てきますし、最近は初心者でも利用しやすいように、車種と年式を選ぶだけでタイヤサイズを自動的に入力するよう工夫されています。

しかも、タイヤ購入と同時に自宅近くの協力取付店を探すことができますし、取付け工賃もタイヤ購入時の支払いと一緒にできるので、改めて取付け店で支払う必要がありません。

購入したタイヤは取付け店に直送されるので、あとは交換予約日にお店に行くだけです。

実はネットで比較するほうが情報量が多い

量販店やカー用品で、大量の在庫を見ながら選ぶとなんとなく「多くの商品の中から最良の選択をした」という気になりますが、実は世の中には店頭に出ているものよりもはるかに多くのタイヤが出回っています。

店頭で見た中では一番安かったが、実はもっと安いタイヤが売り切れていた…ということも良くあります。

タイヤのスペックはメーカーサイトに詳しく載っている

そもそも、製品としてのタイヤは個体差が少ないので、現物を見てもあまり違いがありません。

そうなると、タイヤ通販サイトでタイヤサイズを指定して検索し、価格的に値頃感のあるタイヤのスペックをメーカーサイトで確認すれば、大体の性能を把握することができるので、お店に行って現物を確認する必要がありません。

むしろ、量販店の店頭に陳列しているタイヤは、日光に当たっているケースが多く、在庫が長い商品だといくらラップがまいてあったとしても紫外線の影響が気になりますよね。

ネット通販であれば、在庫タイヤは倉庫保管ですから、紫外線の影響は限りなく少ないです。

タイヤやネットで買って近所で交換

洋服や靴と違って、規格化されたサイズでフィットが決まるタイヤは、わざわざ店頭で現物を見なくても、ネットで購入して近所で取付けるのが今やもっとも安く、簡単に交換出来る方法です。

ただし量販店やカー用品の決算期(3月/9月)には、在庫タイヤ一層のため特別値引+特別工賃で対応するケースがあります。

このときはメーカーやサイズにもよりますが、ネット通販よりも安く交換できるケースがありますので、あらかじめ狙っているメーカー・サイズがあれば、ネット通販と比較しておくのもいいでしょう。

もうタイヤはネットで買う時代!? 賢く使えばタイヤ交換はもっと安くなる!
タイヤはカー用品やタイヤ専門店で買うのが一般的ですが、最近はネット販売でもかなり安いタイヤを多く見かけるようになりました。 「ネットでタイヤ?売れ残りや海外製品だから安いんじゃないの??」と思うなかれ。今やタイヤはネットで買っ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました