SR400のミラー横のETCアンテナを移設してみた

この記事は約4分で読めます。

SR400に乗り換えたときは新しいETC車載器は購入せず、前の車両(ZRX1200R)に装着していた古いETC車載器をSRに移設しました。

ETC2.0用の車載器を新たに購入することも考えましたが、現時点ではそれほどメリットありませんし、お店が移設工賃無料でやりますよ!ってことだったのでお願いしました。

しかし、SR400にはアンテナを取り付けるのに絶妙な位置が無く、個人的には不満でしたがミラー下のボルトにブラケットを共締めする形で取付けました。上のトップ画像のような感じです。

その後SR500レプリカハンドルに交換すると、ハンドル高がアップになった分、ETCアンテナ&インジケータの長さが足りなくなって、ケーブルがやや突っ張り気味になっているのもずーっと気になってました。

トップ画像でETCインジケータ(ETCカードが入っていると緑点灯するランプ)が横向きになっているのも、ケーブル長が足りなくなったためです。

そういうモヤモヤが心の底にずーーーっと引っかかっていたので、今回はETCアンテナを移設することにしました。

トップブリッジ左側へ移設する

いろいろと移設場所を探してみましたが、ちょうどいい場所が無いので、トップブリッジとフロントフォークを留めるボルト(10mm)に市販ステーを共締めして、移設場所を作ることにしました。

ホームセンターでL字型のステーを購入。

エーモンの汎用ステーで198円でした。

もっと薄いステーもありますが、SRの振動で疲労破壊を起こすので、多少厚みのあるほうがいいです。

このステーは板厚3mmなので十分でしょう。

10mmボルトを外してステーを取り付ける

赤丸のボルトを外します。

ステーを取り付けるとこんな感じです。

ステーの上面は両面テープで止めるので、シリコンオフで脱脂しておきます。

脱脂しないと両面テープの粘着力が悪くなって、乗ってるうちに剥がれたりします。

ETCインジケータを見えやすくするために、ステーは水平よりやや前下りにしています。

左ミラー下のETCアンテナ、インジケータを外す

左ミラー下のETCアンテナ、インジケータを外して、両面テープを剥がし、剥がした面をキレイにします。

ETCアンテナは意外とキッチリ両面テープで接着されていたので、マイナスドライバーで少しずつコジりながら剥がしました。

ドライバーでアンテナに傷つけないように注意してください

両面テープで留める前に仮設置

ステーにETCアンテナ、インジケータを仮設置してみます。

なかなかイイ感じです。

実際にシートに座ってインジケータが見えるかどうか確かめます。

ステーをもう少し前側に倒してもいいぐらいですが、面倒臭いのでこれでOKにします(笑

ケーブルの余長処理

ETCアンテナ、インジケータの余長配線は1~2回巻きにしてライト裏に収納します。

昔買った結束バンド(別名:タイラップ・インシュロック)があったのでそれを使いました。

赤丸のように結束バンドで配線をまとめます。

配線をまとめるポイントは、キッチリ結束しないこと。

キッチリ留めてしまうと、ハンドルを動かしたときにケーブルに余力が無くなってしまうので、結束バンドは少し緩めに留めて、調整できるようにしておきます。

結束バンドの余長はニッパーでカットします。

脱脂&両面テープで貼り付ける

シリコンオフでステー、ETCアンテナ、インジケータ(LED)の両面テープを貼付する部分を脱脂します。

ETCアンテナ、インジケータには直接シリコンオフをスプレーせず、一旦ペーパータオルにシリコンオフを吹き付けてから、それで拭き取るように脱脂します。

一応、こんな感じで完成。

見た目スッキリ!

まず、左側にETCアンテナが無くなって非常にスッキリしました!

こんなのは自分が思うほど他人は何とも思っていないものですが(笑)、バイクそのものが自己満足の世界だからいいのです。

正面から見るとこんな感じ。

ノーマルウインカーの存在感に隠れて一見どこについているのかわかりません。

もう少し寄るとこんな感じ。

ケーブル配線の余長処理もライト裏にうまく隠せたので、個人的には満足の仕上がりです。

まとめ

ETCアンテナの移設に使ったものは、

・市販の汎用L字型ステー(エーモン:198円)
・シリコンオフ(両面テープ貼付場所の脱脂用)
・10mmのメガネレンチ(ボックスレンチでもOK)
・両面テープ(100円ショップで調達)
・結束バンド(細目)

です。所要時間は大体30分ぐらいでした。

ハンドル周りにETCアンテナがあって悩んでいる人は参考にしてみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました