バイク

ウェア

ダサいバイカーファッションから脱却するには、既存の考えを一旦捨てよう

以前の記事では「バイクのファッションは人ぞれぞれだから」と言いましたが、そうは言っても他人の視線は気になりますよね。 そりゃ誰だって女の子に「何アレ?ダッサ」なんて言われたくないでしょう。 今回はダサいバイクファ...
バイク

バイクについている”キルスイッチ”の役割、きちんと説明できますか?

原付を除くバイクには大抵「キルスイッチ」がついています。 上の画像の、右手側にある赤いスイッチがキルスイッチですね。古いバイクにはついていないものもありますが、今のバイクにはほとんど装備されているスイッチです。 このスイ...
ウェア

ドクターマーチンのチェルシーブーツはバイクでも使えるオシャレなブーツ

バイク用のブーツって、普段履きできるのが少なくないですか? ライディングジャケットもそうですがバイク専用品はデザインがイマイチなものが多いので、僕は基本的にバイク専用品でない一般のブーツを使っています。 バイク用のブーツ...
バイク

バイクで走り出してすぐのエンジン不調は、キャブレターアイシングかも?

晩秋や冬にバイクで走り始めてしばらくすると、エンジンが思うように吹けなくなったり、場合によってはエンジンが止まったりすることはありませんか? 原因はいくつか考えられますが、その一つに「キャブレターアイシング」という症状がありま...
バイク

バイクカバーはこれ一択!野外保管にもってこいの平山産業「透湿防水カバー」

ガレージのある人には関係ありませんが、大半の人はバイクを屋外に駐輪か、よくてサイクルポートに駐輪している人がほとんどではないでしょうか。 ウチもマンションの駐輪場なので、申し訳程度についた屋根では雨を防げずバイクカバーは必須ア...
SR400

SR400のスプロケットを19Tから20Tに変えたら、高速側が伸びて「幻の6速化」に!

あまり不安の無いSRですが、乗り続けていくうちに細々とした部分が気になってきます。 その中の一つが「高速道路でのクルージングが結構大変」なこと。 高周波の振動はパフォーマンスダンパー(旧商品名:パワービーム)を装着するこ...
バイク

セルフスタンドでの給油で静電気による発火事故を未然に防ぐには

20年前のガソリンスタンドは全て有人サービスだったんだよ、と言うと若者に驚かれるかと思いきや、「あー、だから”セルフ”ってわざわざ書いてあるんですね」と言われて逆に納得してしまいました。 かつてガソリンスタンドで給油するには、...
ウェア

いわゆる「ファッションライダー」はダサいのか?

先日、読者の方から「ファッションにこだわるライダーはダサいのでしょうか?」というメールを頂きました。 その方はレブル250に乗るために中型免許を取得して、お気に入りの古着とブーツを履いてツーリングを楽しんでいるそうですが、ネッ...
SR400

SR400のグリスアップ:スイングアームピボットシャフト、リアハブ、アクスルシャフト

今回は、SR400の定番メンテナンスであるグリスアップについて解説します。 道具さえ揃えれば簡単なメンテナンスなのでオススメです。 SR400で必要なグリスアップとは 一般的にはどんなバイクでもステアリングステムと...
バイク

自分でも簡単にできる、車のバッテリー充電方法とは

車のバッテリーって、ちゃんとメンテナンスしてあげると意外なほど長持ちします。 もちろん乗る頻度やバッテリーにかかる負担は人それぞれ(というか車それぞれ)なので全ての車が同じ条件ではありませんが、一般的にはバッテリー液不足や過放...
タイトルとURLをコピーしました