夏のバイクにはメッシュグローブがオススメ!一度使うともう革なんて使えない

真夏にバイクに乗る時のグローブはどうしていますか?

もしかして3シーズン用のレザーグローブを我慢して使ってます?

僕は夏はメッシュグローブ一択です。メチャクチャ快適です。

今回はバイク用のサマーグローブについて紹介します。

いくら暑くても素手はダメ

夏は軽装で乗ることも多いですが、中にはTシャツに素手で運転しているバイカーもよく見かけます。

僕は手のひらの汗がグリップのラバーと合わさったときのグッチョグチョの不快な感じがイヤなので、夏でもグローブを使います。

一応グローブをしていれば汗はグローブ内で止まるので、汗で滑ったりすることはありません。

ということで、バイクに乗るときは軍手でもなんでもいいので必ずグローブをしましょう。

僕が使っているサマーグローブ

僕が今使っているサマーグローブがこれ。

ノーブランドのメッシュグローブで、確かナップスで1,500円ぐらいでした。

安い割には手のひら部にはゲル素材の衝撃吸収材が入っていて、ロングライドでの振動を吸収してくれます。SRに乗ってる僕としては嬉しい装備。

手の甲はメッシュ素材で通気性がよく、走行している分には蒸れることはありません。

ナックルガードは付いていませんが、まったり走る分には無くてもいいかなと個人的には思います。

素材も薄いので高級感はありませんが、価格を考えれば毎シーズン買い替えてもいいぐらいです。

もっと簡易的に済ませるには

簡易的には軍手でもいいのですが、流石に真夏に綿100%の軍手は厳しいです。

白地に黄色縁の見た目も「いかにも軍手」なので、ちょっとアレですよね。

ホームセンターの作業服売り場にある手袋コーナーに行くと、こんな手袋も置いてあります。

一見すると軍手には見えないオシャレ系滑り止め軍手です。いや「オシャレ系軍手」とは僕が勝手に呼んでるだけです(笑

素材自体が化学繊維なので綿100%より薄手で、手のひらには同系色のラバーグリップ(滑り止め)が付いています。

一見、作業用軍手には見えませんよね。

価格も300円程度ですし、汗で濡れたら洗濯機で丸洗いOKです。

滑り止めが蛍光カラーのタイプもあります。

これだとオフロード系のグローブっぽいですね。このあたりはお好みで。

ちなみに僕はこの滑り止め軍手の親指/人差し指/中指の指先を切って、冬の釣り用グローブにしています。

メッシュグローブのススメのまとめ

夏だとつい素手でバイクに乗ってしまいますが、意外と手は日焼けします。

以前、調子に乗ってTシャツに素手で高速道路を走っていたら、ものの見事に指、手の甲、腕が真っ赤に灼けてしまい、その後2週間はムチャクチャ辛かったです。

今回紹介した滑り止め付きのカラー軍手であればひと組300円程度で買えますし、よ~く見ないと軍手には見えないので、夏に頻繁にバイクに乗らない人にもオススメですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク