頚椎神経根症でバイクに乗れない(8)~ほぼ完治…かな?

この記事は約4分で読めます。


前回の記事はこちら

頚椎神経根症でバイクに乗れない(7)
前回の記事はこちら ここ2~3週間は非常に状態がよくて、痛みレベルは概ね2~3程度で推移しています。 ※記事中で使っている「痛みレベル」は、僕が勝手につけているもので、急性期の激痛を10としたときの主観的なレベルです。 ...

減薬を始めてから1週間。

痛みレベルはほぼ0~1程度で推移しています。

※記事中で使っている「痛みレベル」は、僕が勝手につけているもので、急性期の激痛を10としたときの主観的なレベルです。

リリカは25mg × 2を1日1回、トラムセットは1日おきに飲んでいますが、急に断薬したときのような倦怠感もなく、QOLはほぼ発症前と同じぐらいまでになりました。(嬉しい)

ダイエット再開

元々は3月頃に減量目的でスポーツジムに通い始めたんですね。

週末に筋トレ+有酸素運動で体を動かす爽快感を味わいながらゆるく始めるつもりだったのですが、2回めのスポーツジムの後から肩の調子が悪くなってきたので、肩の痛みが消えたとは言え、ジムに通うのを少し躊躇してしまいます。

医者も

筋トレは頚椎症性神経根症には関係無いと思いますけどね…

と言ってたので、思い切ってジム通いを再開することにしました。

 

実は今回、頚椎症についていろんなブログを読んでるときに「肥満を改善したら頚椎症の症状が改善した」という情報もあったんですね。

まぁ確かに余計な脂肪が無くなれば、その分神経を圧迫する物質が少なくなるので症状が改善する、というのは理にかなっているようにも思います。

でも

うーん、肥満は(頚椎症と)あまり関係ないと思いますが…

ということなので直接の関連は無いみたいですね。

 

ただ、血液検査の結果ではコレステロール値が高いです。今すぐ投薬治療を開始してもいいぐらいの数値ですよ。

もうこれ以上薬を増やしたくないので、

僕

薬は勘弁してください。今すぐダイエット始めます。

では1ヶ月後に再度受診してくださいね。ダイエットが順調でしたら経過観察としましょう。あまり進んでいないようでしたら投薬治療を始めましょう。

となりました。

ということで、頚椎症性神経根症の話は今回で終了です。

もうあんな痛みに二度と会いたくないので、姿勢に気をつけ、首や肩のストレッチで首をいたわりながら、このポンコツな体と付き合っていきたいと思います。

今回の病気で試してみたこと

整体

症状が「肩の痛み」だったので整体に行きましたが、低周波治療器はたしかにその時は痛みが軽くなるのですが、1時間もすると元に戻ってあまり効いた感じがしませんでした。

カイロプラクティックのほうも、「背骨が歪んでる」とか「骨盤がずれてる」とか言われて矯正されましたが、正直その矯正が効いたのかどうかまったく実感がありませんでした。

保険適用だったので何度か通いましたが、効果の程は???でしたね。

鍼灸院

「頚椎症や腰椎症には鍼が効く」という話も効いたので、頚椎症の対応実績のある近所の鍼灸院に行ってみましたが、これも効果の程は???でした。

鍼灸師さんの話では「早い人で3回ぐらいから、大体10回ほど通院すると良くなる人が多い」とのこと。

でも6,000円/回にそう何度も通えないです。

今となって見れば、椎間板や骨棘が神経を圧迫しているのが原因だとすれば鍼灸で改善することはありません。

結局、頚椎症性神経根症はデータが示す通り、患者の60~80%が3ヶ月程度で症状が自然と無くなる病気です。

整体や鍼灸院に通っていれば、効果の程はともかく自然と治癒する人もいるわけで、そういう人は「整体・鍼灸のおかげで治った!」と思ってしまうのも不思議ではありません。

姿勢改善

頚椎症性神経根症の原因の一つに「日常生活の姿勢が悪い」ということが挙げられます。

どんな本読んでも大体書いてあるので、そうなのでしょう。

なので、デスクワークは連続でやらずに1時間に1回程度は肩を回したりストレッチしたりして、首や肩周りが凝らないように注意しました。

また、歩くときや椅子に座るときも背筋を伸ばして、猫背やストレートネックにならないように注意して生活するように心がけました。

症状が発生してから心がけたので、症状の改善に役立ったのかどうかはわかりませんが、再発防止には役に立ったんじゃないかと思います。

…ということでみなさんも姿勢に気をつけて生活するように心がけましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました