女性に嫌われる男の運転とはどんな運転?ドライブでやってはいけない運転とは?

せっかくお目当ての女性をドライブデートに誘い出したのに、途中から女性の雰囲気が微妙になったことありませんか?

それはあなたの運転のせいかもしれません。

女性がドライブデートのときに「こんな男性は嫌だ」という運転について取り上げてみます。

こんな運転の男性はイヤ!

第1位:舌打ちや悪態をつく

車を運転しているとき、前の車が遅かったり、駐車に手間取っているのを見てつい「チッ」っと舌打ちしてしまったり、「ったくドンくせーなー」「トロトロしてんじゃねーよ」なんて言ってたりしませんか?

実はこれ、女性が一番嫌う態度なんです。

男性は「彼女に言ってるんじゃなくて、周りの車に言ってるんだけど…」って思うかもしれませんが、道路は皆で共用する公共物です。

運転が上手な人もいれば下手な人もいるのですから、いちいち自分の意にならないことで悪態をついているようでは「心の狭い男」「小物だな~」と思われても仕方ありません。

ちなみに、大半の女性はどんなイケメンでも、悪態を付いている姿を見ると気持ちが冷めてしまいます

そりゃそうですよね、今はまだ他人に対する悪態でも、それがいつか自分に向かってくるのでは…と思うと、これ以上進展する気にはなれませんよね。

第2位:遅い車を煽る

前を走る車が遅くてイライラするときに、つい煽ってプレッシャーをかけたりしていませんか?

これも女性としてはとっても嫌な行動の一つ。

他人に対して優しくない男性がイヤなこともあるのですが、それ以前に追突しそうでヒヤヒヤするのがイヤなんですね。

「大丈夫だよ~、俺は上手いからぶつけたりしないよ~」なんて言われても万が一のこともありますし、そもそもそんなことしなければ助手席でヒヤヒヤすることないのですから「しなくていいことをやって同乗者の肝をつぶす人って何なの?」と思われても仕方ありません。

第3位:合流のときに譲らない

普通は交互に合流するのが暗黙の了解になっていますが、なぜか自分の前に他車が割り込むのを絶対に阻止しようとする人がいます。

これも女性的にはNGなんです。

だって、自分が本線に合流するときは入れてもらいますよね?合流なんてお互い様なのに、自分のときだけ(他車を)入れないなんて意地が悪すぎます

それに入れてあげないことで何か得をするかと言えば、入れてあげなかった車より1台分前に出られるだけです。

こういった極めて子供っぽい面を見せられると「この人とお付き合いしたら、いろんな場面で面倒見させられそう…」と思ってしまいます。

そもそも他人に優しくない人が、自分の彼女にだけ優しいなんてあり得ません。いつか本性が出ます。

第4位:車線変更が多い

女性に運転が上手いところを見せつけたいのか、片側2車線以上の幹線道路や高速道路で、やたらと車線変更をして前に行こうとする人がいます。

これも女性からすると、常に体が左右に揺すられて気持ち悪くなるのと、他車とぶつからないかヒヤヒヤしてしまうのが嫌なんですね。

特に普段、車の運転をしない女性だと、運転者が大丈夫だと思う車線変更タイミングでも(運転感覚が無いがゆえに)それを恐怖に感じてしまいます。

それに、そんなに頻繁に車線変更して急いだところで、目的地への到着時刻は10分も変わらないのですから「意味の無いことに必死になるなんて、この人もしかして頭悪いのかな…」と思われることも。

「運転が上手いと思っている」人はかなりイタい

「自分は運転が上手い」と思っている人を、女性はカッコイイと思うよりも「イタい奴」と感じてしまうようです。

運転が上手い=カッコイイ、を勘違いしているケースはこんな感じです。

・黄信号なのに加速して「信号に捕まらなかった俺カッコイイ」
・駐車場に素早く止められることが自慢
・抜かれたら抜き返す「俺が一番速い」
・ムカつく車の車間をギリギリまで詰められる「俺って運転うまいだろ?」

これらの行動は、

・黄信号なのに加速して「信号に捕まらなかったことが誇らしい」

 →なんでそんな危険を犯すの?私のことはどうでもいいの?

・駐車場に素早く止められることが自慢

 →早くてもゆっくりでも大して違わないでしょ?

・抜かれたら抜き返す、俺が一番速い

 →サーキットじゃないし車もみんな違うのに、その中で一番だと何が嬉しいのかわからない。

・相手の車間をギリギリまで詰められる俺って運転うまいだろ?

 →ただ怖いだけ。もっと普通に走って欲しい…

なんです。

バック・トゥ・ザ・フューチャー3に、未来の世界でポケットを裏返しに出しているのがカッコイイという、価値観の違いをパロディにしたシーンがありますが、まるでそんな感じらしいです。

つまり本人がカッコイイと思っている運転は、女性にとっては意味不明なんですね。

男らしいを勘違いすると女は逃げる

そもそも道路は市民の共有財産で、そこには運転歴40年以上のベテランもいれば、昨日免許取ったばかりの初心者もいます。

そういう交通社会の中では、運転経験の長けたドライバーが経験の少ないドライバーや運転が苦手なドライバーに対して、配慮する心を持っていないと両者が共存することはできません。

つまり、運転が下手な人やルールをほんの少し逸脱した人に、鬼の首を取ったかような反応をしてしまうのは、自分の感情をコントロールできない未熟な人間に見えてしまうのです。

あなたが逆の立場で女性を見るとしましょう。

行く先々で店員に当たり、道行く人に文句ばっかり言ってるような彼女を見たら、この人とこの先付き合っていけるのだろうか?結婚してやっていけるのだろうか?と思いますよね。

僕だったらそんな彼女はどんなに美人でスタイルが良くても嫌です。

あまりにも理不尽な割り込みで声を上げるのは仕方ないにしても、運転中に起こる些細なことにイチイチ反応しているのは自ら人間の器の小ささをさらけ出しているようなものです。

器の小さい男性と付き合いたい女性はいません。ハズレくじみたいなものですから。

まとめ

・舌打ち、罵声は器の小さい人間に見せてしまう
・スピードよりもセーフティファースト
・運転が上手いよりも、安全で優しい運転をする人が好まれる

粗暴な男が好きなヤンキー女だったら上に書いたような運転が好まれるのかもしれませんが、一般的な常識をもった女性は、歩行者や子供に優しい運転をする人を好むのは当然のことです。

僕の同僚にイケメンで細マッチョなのに47歳独身・彼女なしというのがいるのですが、彼がまさしく「こんな男性はイヤ!」の第1位~第4位まで全て当てはまるタイプなんです。

男同士では凄く良いヤツなんですが、車に乗ると常に周囲の状況に文句ばっかり言ってるんですね。

なので女性と付き合い始めてもすぐに破局してしまい、気づいたら40代後半になってしまったわけです。

特に結婚を意識している女性は、顔の良し悪しよりも性格や内面を重視しますから、今回書いたような運転をしている限り、婚期は限りなく遠のきますので、くれぐれもドライブデートでは注意しましょう。

公道での運転とはイライラしたほうが負けるゲームである。いかにイライラを抑えるかが肝
公道での運転とはイライラしたほうが負けるゲームである。いかにイライラを抑えるかが肝
道路上を走っている車両は、実にいろんなバックグラウンドの人が運転しています。 そこには年齢、性別、国籍、学歴、家庭環境、貧富の...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク