木更津の牛込海岸に潮干狩りに行ってきた。休日なのに混んでなくて超快適でした!

金曜日に急に思い立って、日曜日に木更津の牛込海岸に潮干狩に行ってきました。

普通の週末だったので混雑覚悟で行ったのですが、思いのほか快適でしたよ。

木更津は東京からアクセス抜群!

東京湾だと無料で行ける潮干狩り場もありますがほとんどアサリが取れないので、木更津の漁協が管理する有料の潮干狩り場に行くことに。

どうせ行くなら採れないと面白くありませんし、採るならガッツリとりたいですからね。

アクアラインの木更津金田ICからほど近いところで、金田海岸(ホテル三日月内)か牛込海岸(アクアライン北側)、どっちにしようか迷いましたが、金田ICから近い&駐車場無料ということで牛込海岸に決定。

ちなみに木更津の潮干狩り場はどこも同じ料金体系で、大人1,800円で2kgまで、子供900円で1kgまでなので、家族4人だったら6kgまで入場料金内で持ち帰れます。

今回は湾岸線からアクアラインへの分岐と、海ほたるまでが断続的に渋滞していましたが、牛込海岸は金田IC降りて10分もかからないので、自宅からは90分もかからずに到着。

いつ来てもアクセス最高です。

駐車場の混雑度は?

ここ牛込海岸は駐車場が約1,000台分あるので、通常の週末でも満車になることはまずありません。

さすがにGW期間は満車になることがあるようですが、それ以外の週末であれば駐車場に入れなくて入場待ち、なんてことはまずありません。

今回、5/13(日)は牛込漁協の潮見表では干潮時間が9:30だったので7:40頃に駐車場に到着しましたが、入っている車は許容台数の1/4も入っていませんでした。

みなさん大体、干潮時間の2時間前ぐらいに到着しているので、そのぐらいに到着できるように来れば、駐車場に入れないということはまず無いでしょう。

海岸の混雑度は?

今回、5/13(日)の天気予報は曇り、南よりの風がやや強く、夕方からは雨の予報で干潮時間が9:30とのこと。

中潮なので干潮時間9:30の前後1時間半しかできません(潮干狩りに最適な干潟が3時間ぐらいしかできない)。

紫外線が弱くなる雲天なので結構たくさんの人出を予想していましたが、予想に反してスカスカでした。

アクアライン方面の人出。潮干狩り場のパンフレットのような混雑は全くなし。

袖ヶ浦方面。

この日の人出はこんな感じ。

風は強かったものの南風だったのでそれほど寒くもなく、水も冷たく無い上に雲天で日差しが弱かったので、ある意味、絶好の潮干狩り日和でした。

回りのお母さん達も皆「太陽が出てなくて助かるわ~」と口々に語ってました(笑

海岸から見た管理ゲート。管理ゲート前が駐車場なので駐車場~潮干狩り海岸まですごく近いです。

上の画像の左端の建物がトイレ。最近整備したのかキレイなトイレでした。

しかも海岸近いのですっごく便利です。

わずか3時間でも規定量一杯

アサリは集団でいることが多いので(むしろ単独で見つかるほうが少ない)、1個見つけたらその周辺を探るとボロボロ出てきます。

この日は前日まで潮干狩り不適だったせいか、特にゴロゴロ出てきました。

子供達は脳内でアドレナリンが噴きまくって2時間半、一心不乱に掘りまくってました(笑

まぁこんなに夢中になるのであれば、親としては連れてきた甲斐があります。

途中からは小粒のアサリを放流するようにして掘りまくって、4人で6kgジャストでした。

ちなみに超過すると超過分に応じて買い取りになるのでご注意を。

用具について

潮干狩りに必要な道具は別記事で書いているのでそちらを参考にしてください。

潮干狩りは木更津が近くていっぱい採れるよ!春~初夏のおすすめドライブコース
潮干狩りは木更津が近くていっぱい採れるよ!春~初夏のおすすめドライブコース
我が家は年に一度は木更津に潮干狩りに出かけています。 理由はいくつかありますが、まずウチは家族全員アサリが大好きで、特に子供達...

熊手やアサリを入れるバケツは持っていったほうがいいのですが、わざわざ熊手を買うほどでも無い人は、券売所でレンタルすることもできます。貸し熊手が1丁50円。

バケツもあれば便利ですが、無ければアサリを入れるネット(100円/個)も券売所で売ってますので、入場券を買うついでに買うとよいでしょう。

それと絶対に持っていったほうがいいのが、携帯できる折りたたみのレジャー椅子。これがあると無いとでは疲れ方が全然違います。

椅子無しで砂を掘っている人の多くが「あ~~~!も~だめだ~!腰痛て~~~~~!!!」と叫んでいましたから。

ダイソーなどの100円ショップで売っているもので十分です。レジャー椅子じゃなくても、折りたたみの踏み台でもいいです。

熊手や借りられますが、折りたたみ椅子は売っていないので必ず持っていきましょう

帰りは混雑する前の海ほたるで休憩

夕方になると千葉方面で遊んできた人たちで海ほたるPAがごった返すので、昼の1時過ぎに海ほたるへ。

海ほたるの東デッキから木更津方面。今にも雨が降りそうな天気です。

右側の渋滞は木更津方面から海ほたるに入る車列。このとき13時過ぎぐらいでしたが、みなさん潮干狩り客だったのでしょうか?

横浜方面。雲天なので富士山が見えないです。

その後は渋滞も無く稲城ICまで60分もかからずに着きました。

木更津 牛込海岸まとめ

こちらの潮干狩り場は金田ICよりほど近く駐車場も広いので、GW期間でなければまず入られないことは無いと思います。

帰りは三井アウトレットパークでショッピング&食事を楽しむのもいいですし、天気のいい日は海ほたるからの夕日を楽しんで帰るのもいいですね。

日にあたっていっぱい遊んだ後の運転は眠くなりますので、帰りの居眠り運転には十分注意してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク